洗濯表示について|ナースリーオンラインショップ

家庭用品品質表示法に基づく繊維製品品質表示規程が改正され、
2016年12月1日から洗濯表示が変更になりました。
洗濯表示の記号と意味をまとめましたので、お洗濯の際に参考にしてみてください。

5つの基本記号

5つの基本記号

強さと温度の「付加記号・数字」

  • 強さと温度の「付加記号・数字」 強さ・禁止
  • 強さと温度の「付加記号・数字」 温度
  • 強さと温度の「付加記号・数字」 強さ
  • 強さと温度の「付加記号・数字」 温度
  • 強さと温度の「付加記号・数字」 禁止
1. 洗濯
液温は95℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯ができる。
液温は70℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯ができる。
液温は60℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯ができる。
液温は60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる。
液温は50℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯ができる。
液温は50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる。
液温は40℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯ができる。
液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる。
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。
液温は30℃を限度とし、洗濯機で通常の洗濯ができる。
液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる。
液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる。
液温は40℃を限度とし、手洗いのみの洗濯ができる。
家庭での洗濯禁止。
2. 漂白
塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白できる。
酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止。
漂白剤の使用禁止。
3. 乾燥(タンブル乾燥)
タンブル乾燥ができる(排気温度上限80℃)。
低い温度でのタンブル乾燥ができる(排気温度上限60℃)。
タンブル乾燥禁止。
乾燥(自然乾燥)
つり干しがよい。
日陰のつり干しがよい。
ぬれ吊り干しがよい。
日陰のぬれつり干しがよい。
平干しがよい。
日陰の平干しがよい。
ぬれ平干しがよい。
日陰のぬれ平干しがよい。
4. アイロン
底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げができる。
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる。
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる。
アイロン仕上げ禁止。
5. クリーニングの種類
パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる。
パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる。
石油系溶剤によるドライクリーニングができる。
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる。
ドライクリーニング禁止。
ウエットクリーニングができる。
弱い操作によるウエットクリーニングができる。
非常に弱い操作によるウェットクリーニングができる。
ウェットクリーニング禁止。